スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

噛み付くものは報われる。

ちくしょー
あんな店二度と行くかぁ!!


と怒りまくったその翌日
旦那が例のスーパーに電話をかけた。
電話が鳴ったら2コールで取るような
日本の接客業とは違う。
誰もなかなかでない。

そんな旦那に私は言う。

いいわよ、いちいち電話なんかしなくても。
もうあんな店行かなきゃいいんだから。
あんな奴らにこれ以上私たちの時間を無駄に費やす必要なんかないでしょう。

受話器を置いた旦那。

ははは。
馬鹿な奴らだ。
僕は時間が経てば経つほど嫌味な人間になるんだ。
待たされれば待たされるほど闘志が沸くってもんだ。


不敵な笑みを浮かべてまた受話器を持ち上げる。
何度目かのしつこい電話の後
やっとつながった。

先日そちらで買い物をした際に
オタクの店の店員につり銭間違いをされたMr.3ぱいんとだ。
キミ、マネージャーかね?
*****
つり銭間違いは仕方がないとしよう。
誰にでも間違いはある。
ただ僕たちは年越しでそのつり銭の返却を待たされた挙げ句
オタクからは何の詫びもなく
ただそのつり銭を突き返されたというのはどうもいただけない。
その前日の電話ではお詫びのしるしとして
ワインをくれるとか聞いたんだがそれもなかった。
僕はね
別に2ポンド程度のブルガリアンワインが欲しいといっているわけではないんだよ。
ただここまで散々迷惑をかけられて
一言の詫びもないというのはどういうことなのかね。
つり銭の間違いにしたってこれが初めてじゃないんだ。
僕はウチの女房とそこで買い物をしているときに2度
ウチの女房は一人で買い物をしているときを含めると昨年だけで5度も経験していると言っている。
ということはだ
オタクでもある程度こういう間違いがあることは
把握しているはずだよねぇ。
*****
まぁそちらの言い分も分からなくはないが
それでもやっぱり
今回の件に関しては僕らには全く非はないよね。
そちらの間違いで僕達は非常に不愉快な思いをさせられた。
それにもかかわらずキミ達は僕らに謝っていない。
その謝罪の一言がないということに対して
ウチの女房は特におかんむりでねぇ。
もうオタクでは二度と買い物をしないなんて言い出してるんだよ。(相手も、どうぞ余所に行ってくださいとはさすがに言えなかった様だ。わははは。
僕としても今回のことはちょっと納得がいかなくてねぇ。
そういうわけだから謝罪の手紙を送って欲しいんだ。
*****
ああ、そのブルガリアンワインのことは忘れていいよ。
まあキミたちが謝罪を何か形で表したい
と言うならそうしてもらって構わないが。(脅迫みたいだ…。
僕らが望んでいるのはまず書面での謝罪だね。
まあ、そういうことで。
時間取らせて悪かったね。
じゃぁ。


実際の電話はこれの3倍くらいねちっこかった。
聞いてて笑えた。
こりゃ、この国で私が上手く苦情がいえないのも仕方がないとも思った。
こんなに長々と苦情を言うなんて日本語でだって面倒だ。
スポンサーサイト
 
 

大掃除

使ったものを元の場所に戻す
ウチの旦那にはその基本的行動すらも身についていない。

いちいち母親のように小言を言うのも面倒なのだが
放っておくと足の踏み場も無くなる。
そんなわけで
普通は彼がおいた場所に放っておき
物が散らかってくると
片付けるよう指示を出し
耐え難くなれば
黙って私が片付ける。

基本的には旦那が自分で自分のものがどこにあるか分かるようにしているつもりなのだが

大抵は

ねえ、僕のマフラーどこ?

昨日、あなた帰ってきてからマフラー、そこのアームチェアーにかけてたけど、そこに無い?

あ、あった。

そしてまたあるときには

ねえ、金槌が無いんだけど。

工具箱に入ってるでしょ。

いや、それが無いんだよ。

ほんとに?

うん。

私の重い腰をあげ、工具箱を覗きに行く。

これ何?

…金槌…

そしてまたあるときには

ねえ、工具箱どこ?

物置に入ってるでしょ。

なんだ、キッチンにおいておいたのに、お前、すぐ隠すんだから。

元々物置に片付けていたものを一週間放置しておいたのはお前だっ!!
そしてそれを一週間後に私があんたに言って、あんた自身が物置に戻したんじゃ~!!


あれ、そうだっけ。
ごめんね。


疲れる。
 
 

ただいま戻りました。

帰国してから2ヵ月半
時差ぼけも
ホームシック(命名:日本に永久帰国したい病)からもどうにか解放された
と思ったら知恵熱にうなされ(旅行すると必ず出る、デリケートな私)
復活したと思ったら風邪をひき
治ったと思ったらまた別の種類の風邪をうつされるという
体調崩しまくりの今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか。

もう既に12月。
私はそろそろ大掃除を始めないといけません。
毎年、大掃除を始めるのが遅すぎて、
掃除自体が中途半端になり
帰って散らかってしまったフラットで新年を迎えているここ数年の悪癖と
今年こそはおさらばしたいと思っています。
 
 

おわび。

ソウルフードの意味、間違って憶えていたうえに、誤解を受けるような解説をつけてしまいました。
コメントを読まれた皆さんにお詫びします。

正しい意味はこちらで確認してください。

私が解説をすると、拙い訳で更に墓穴を掘ってしまいそうなので。
 
 

暑い日の飲み物は。

ここイギリスでは
毎日30度を超える日が続いています。

こんな暑い日には
普段は市販の清涼飲料水の類を手にしない私も
スプライトなんかを
ごくごくと
のどを鳴らしながら飲みたいものです。


イギリスで
それをやると痛い目を見ます。
のどをすっきりとなおかつ
潤わせたいときは特に
炭酸飲料を手にすると後悔します。

というのも
こちらで売られている炭酸飲料
甘いです。

まあ、もともと市販の
コーラだ
レモンスカッシュだ
などというものは
砂糖水に炭酸が入っているようなものですが
イギリスのは
ものすごいです。

炭酸飲料が
砂糖と水と炭酸と着色料で出来ている
というのを一口飲むだけで実感できます。

私はスプライトで感じました。
まだ試されたことのない方は
一度試してみてください。
ただし
甘過ぎるものを苦手とする方には
希釈するための炭酸水(1L)も同時に準備されることをお奨めします。
 
 

夏の日。

気付けばもう7月も半ばを過ぎました。
日本では
これからあちこちで
花火大会が毎週末開催される頃ですね。

日本の夏が恋しい

花火
屋台
盆踊り
海水浴

盛りだくさんのイベントを思うたび
帰国したくてなりません。
皆さんはいかがお過ごしですか?

それでも
今年の倫敦の夏は

悪くないです。

雨も降らず
連日30度を越える暑さ。
そして明日は36度まで上がるらしい。
夏女の私にとっては素晴らしい毎日です。

水不足なんて、
水が止まってから心配すればいいんです。(え?
今は兎に角
暑い、熱い日差しで元気を充電しております。

倫敦の夏、
日本のそれのようなイベントは
無いです

そのかわり
といっては何ですが
現在うちでは

レタス

にら
人参
インゲン
そして数種類のハーブを育てており、

毎日草むしりと水遣りに明け暮れております。

ウチの葱とにらは美味しいですが
レタスは店で買ったほうが美味しいようです。
にんじん、インゲンはまだ成長中。
 
 

染み付いた貧乏性

またやってしまった。
いや
やられた
と言うべきか・・・。

昨日近所の大型スーパーで旦那と食料品の買出しへ出かけ
買ったもの。

buy one get one free
1個買っても2個買っても同じ金額払ってね

のインド米。

我が家では以前は価格の問題から
常にインド米を食していたが
近頃は日本米も同じ値段もしくはそれ以下で手に入ることに気付き
ただしもちろん日本産ではない
現在では100%日本米の食生活を送っていた。

ただ、日本米の場合炊き立てご飯を炒飯にするのは難しい。
そんなわけでここのところ
インド米もほしいなぁ、と考えていたところのこの特売である。
これを見逃す手はない。

そのため現在うちには15キロの米が…。

ここで止めておけばよかった。
しかし昨日は

オット

という名の
餌代のみで荷物運びを引き受けてくれる
素晴らしい助っ人がそばにいてくれたため
買い物重量制限が全くなかった。

ウチは車はありません。あしからず。

野菜果物を情け容赦なく買い物カートに積み込み
そしてたどり着いた精肉売り場。
そこには
 
 

英語を英語のまま理解する

10年ほど前通信教育申し込み好きの私は
アルクのヒアリングマラソンを受講した。
いや
受講と言うと語弊がある。
やはり
申し込みをした
と言う方が適切だろう。

ご存知のない方にこの講座の内容を一応説明すると
英語のネイティブスピーカーが喋っているテープと
その英文、日本語訳付きの本が一冊
それにテスト用のテープと問題が毎月届く。

これを毎日3時間

英語のシャワー

として
通勤時間などに一年間聴き続けることで

英語を英語のまま理解できるようになる

という夢のような教材である。

教材が届き喜んだのも束の間
気付いたことが一つ。

ヘッドフォンを使うと頭痛がする

そんなわけで
思いついたときにテープをかける
という程度で一年が過ぎ
全く得るものはなかった。

やはりまじめに一年間
毎日3時間聞き続けなければならないのだろう。

語学習得
そんなに甘くはなかった。

そして現在
 
 

招待されて

英語学校に通っていた頃のこと。
担任Sとウマが合い
彼が私と私の彼氏(現旦那、以降旦那とする)をディナーに招待してくれた。
担任Sと旦那はこの日初対面。

待ち合わせの駅に早めに着き、ワインを二本と麦酒を調達。

暫くしてSが現れた。
お互いを紹介しあって彼のフラットへ。

今日はパスタをご馳走するよ~!

ご機嫌な担任S。
ポチしてつづきへさあ早く!→
 
 

笑い2

前回笑いについて書いたが
もし皆さんが
イギリス人は笑いの分からないつまらない奴らだ
という誤解を受けられるのは私の意図するところではないので
今回はイギリス
といっても私の世界は非常に狭いので
ウチの旦那の笑いについて。

イギリスの笑いはかなり高度だと思う。
アメリカのコメディよりも数倍面白い。
何が面白いって皮肉がかなり効いている。

私はイギリスのシットコム(シュチュエーションコメディ)や
スタンドアップコメディ(一人漫才)が大好きだ。

まあ、こんなことを書いても実際に見てもらわないと理解ができないだろうからこの件に関しては端折らせてもらう。
興味のある方は御自分で調べてください。

さて、ウチの旦那の笑いについて。
ひとぽちして続きへどうぞ→
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。