スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

世界を楽しむ50の質問 =バトン=

uk_alienさんよりバトンがまわってきました。
長いです。
半端じゃなく

長いです。

バトンをまわす人は…
私がアンカーということで。
それでもどうしても、という方、置いてあるのを拾って下さい。
ではお付き合いいただくそこのあなた
覚悟して
続きへどうぞ。
スポンサーサイト
 
 

【進化バトン 103代目】

* wonderful world *のjunさんから回ってきました。
【進化バトン 103代目】
~このバトンの注意事項~
気に入らない質問を3個削除して新しい質問を3個加えて下さい。
バトンを受け取った方は○代目をカウントアップして下さい。


行ってみたい所は?
明石大橋塔頂に上ってみたい。

好きな食べ物は?
らーめん。
納豆。
ご飯。
・・・高価な食べ物が思いつかない。

今年した初体験は?
家庭菜園。
6週間の禁煙。(これまで最高48時間でした。)

いま一番欲しいのはなんですか?
夏の日差し。(ロンドンはもう肌寒いです。)

お金いくらあったら今の仕事を辞めますか?
お金なくても辞めたい。
くどいようですが専業主婦(理想:有閑マダム)が私の憧れ。
いくらあったら有閑マダムになれるんだろう・・・。
あまりに現実から程遠くて想像できない。

新たにブログを立ち上げるとしたら、どんなテーマで書きますか? 
英語のブログ。
でも英語力が足りないのでやらない。

初めての飲み会っていつ頃どんなとき?
中一の頃友人の家でクリスマスパーティー。
浴びるほど飲んだような覚えがあるが二日酔いにはならなかった。

飲みすぎてやった失敗は?
飲み屋の店長につい、喧嘩を売ってしまいました。
ずっと嫌いだったんです。
触り魔だったし・・・。
で、よった勢いでついうっかり、と。

あとは、社内旅行で周りを散々つぶして回った挙句、一人で爆睡。
つぶれた人間を介抱した人たちに翌日散々愚痴られました。

自慢できるくらい得意な事は?
旦那に家事をやるようにそれとな~く仕向ける。
 
男でも女でも、苦手だなと思うタイプは?
愚痴の長い人。

男でも女でも、好きだなと思うタイプは?
男前なひと。

今住んでる部屋は理想ですか?
住むのにはちょっと手狭だが、私の掃除ができる大きさ、という意味では理想。

バトンをまわす5人(削除不可)
お世話になっております欄にリンクを付けさせていただいている管理人様方、5人超えますが、皆さんヨロシク。
ただし、バトンにたっぷりオイルを塗ってありますのでつかむ前に落っことしちゃったら、ご愛嬌、そのままスルーしてください。
あえて、皆さんのところへ訪問、コメント欄でお願いはしません。


・・・・

ここまでやって気付いたこと。
気に入らない質問を3個削除して新しい質問を3個加えて下さい。
って忘れてました。

最初の3つを削って以下を挿入してください。
今まで滞在したところで一番好きな場所は?
回答例;青海島
昨日の晩御飯のメニューは?
回答例;ミートソーススパゲティ&サラダ
今年中にしておきたいことは?
回答例;職場変え
そして新たに気に入らない質問を3個削除して新しい質問を3個加えて下さい。

・・・あれ?ややこしくしちゃいましたね。
 
 

旦那自慢。ーバトンー

私はモノを片付けるのがあまり得意ではない。

使ったら使いっぱなし

というタチである。
旦那と出会って6年。
彼は私のそれに輪をかけた

収納?なにそれ?

というとんでもない奴である。
こんな彼が私の

反面教師

となり、私に少し片付け癖が付いた。
もちろん旦那は相変わらず。
そんなわけで年がら年中

ダ~リン、ペンチ、どこにあるか知ってる?

ダ~リン、鋏がないんだけど・・・。


と彼が、自分で置きっぱなしにしておいたのにも関わらず、私に聞いてくる。
賢妻である私は、彼の行動パターンを彼以上に理解しているので
すぐに見つけ出すことが出来る。

彼が使いっぱなしにしたものは、その後私が使う事がない限り、そこに放置してある。
彼が使った後に私が片付けて回ったら、彼は一生片付けることをしなくなるから。
これが我が家の

家庭内教育。

結婚生活って、素晴らしい。

さて、では今日はのろけパート2。
leira-londonさんからバトンを強奪してまいりました。
今日も張り切ってのろけるぞ~!
 
 

ブログの壁バトン

ひろぴ~さん
ひよこ山さんのところへ行ってそこから飛んだ先の
花たろーさんのところで拾ってきた花たろーさん自作のバトンが回ってきました。
記念すべき2個目のバトンです。
しかも出来立てのほやほやです。
今回は前回と違って
コピペ+ひと単語というわけにはいきませんでした。
恐るべしバトン。
あなどれない。

でははじめます。
 
 

現代版チェーンレター

ついにまわってきてしまいましたバトンなるもの。
私への発信者はnararaさんです。

子供の頃
ピンクレターとかブルーレターとか呼ばれたいわゆるチェーンレターのようなものですね。
まあ、あれほどたちは悪くないようです。

確かチェーンレターの場合

『この手紙を一週間以内に7人に回さないと呪いがかかる。』

というような脅迫つきでしたから。



それにしてもあのチェーンレターが21世紀にこんな風に形を変え、バトンと名まで変えて生き残るとは誰が想像したでしょう。




ところでこのバトン
私が今まで余所様で見てきたものとは形態がいささか異なっております。

イメージバトン

いまいちどうすればいいのかわからないため

ぐぐって見ました。


そして得た知識。
これを開始したKING氏のブログは



休止中



であるということ。



バトンの一人歩き。



私がこれから苦労してこの干からびた脳みそからイメージを何とか沸き立たせようとしているというのに、当のKING氏は




お休み






まあ、文句を言いたければメールを送れるようにはなっているようですが。
それでもなお、なんとなく腑に落ちません。
が、いつもお世話になっているnararaさんの期待にはこたえなければなりません。



嗚呼、何たるジレンマ。




nararaさん、気に病んだりしないでください。nararaさんには全く罪はないのです。

前置きが長くなりました。
では取り敢えずはじめてみましょう。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。