スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

言い訳。

最近考えることが沢山あって
英語で調べモノをしなければならないことがてんこ盛りで
mixiもブログもお邪魔することができません。
ちらっとお邪魔しても
記事を読ませていただいても
頭がショートして
考え方が自分のいつもの調子となんだか違うので
コメントを控えさせてもらっています。

ごめんなさい。

暫くこんな状態が続きそうですが
許してやってください。

普段頭を使わないでいたツケがまわってきたようです。
えへ。
スポンサーサイト
 
 

熱いバレンタインデー

毎度コメントありがとうございます。
前回のコメント返しは、明日まで待ってください。
今日は私に喋らせ書かせてください。(自己中

今日はバレンタインデー。
何人もの男前なお兄ちゃんやオジサマが
薔薇の花束を抱えて歩いていました。

我が家ではバレンタインデー&ホワイトデーと、日本式。
お祭り好きなので、行事は多ければ多いほど楽しめますから。

でも家計の逼迫している我が家では
ポッシュなレストランを予約してステキなひと時を過ごす
というわけには行きません。

かといってふつーのレストランへ行けば
混雑による長ーい待ち時間と普段に輪をかけた粗雑な接客
そして待たされた挙句のまずい料理
というケースに陥ることもしばしばなロンドン。

そんなわけで
おうちでひそやかに
普段はほとんど立ち寄らない高級食材店で仕入れた材料で
てきとー愛を込めて作った手料理に自家製ビール&ワインで楽しみます。
 
 

自家栽培

現在うちの庭で育てているのは
大根と
ほうれん草と
小松菜と
チンゲンサイ。

去年一時帰国した際に種を購入し
こっちに戻ってからすぐに植えた。

どれも育ってきた。
先日
いつになったら採れるのかなとふと思い
種の袋に書いてある収穫時期を見てみると
大根はもう出来上がっている時期になっていた。


昨日一本引っこ抜いてみた。

・・・

出てきたのは

親指大の大根もどき。

仕方がないのでそのちっぽけな大根の皮をむき
葉っぱも刻んで
味噌汁にした。

そして今日
もうちょっと立派そうに葉を茂らせているのを
抜いてみた。

・・・

親指大・・・。

やはりケチらずに肥料を買わなければならないようだ。

大根おろしが食べたい今日この頃。
 
 

無駄な体力。

先日のテ*コでのそもそもの怒りの原因は
つり銭間違い
である。

私は大抵
明らかに手にしている紙幣に目を向けてないスタッフ
ほかのスタッフと喋りながら金銭授受を行うスタッフに対しては
支払いをするときに
£20ね。
などと口頭で伝える。
買い物金額がこのとき£10に満たないとき
何人かは明らかに動揺する。
どう見ても自分が手にしている紙幣が£10だと思い込んでいた証拠である。

そんなレジ係がかなりはびこるイギリスのスーパーマーケット。
ここまで気をつけている私でさえ
昨年だけで5度もつり銭の過不足を経験した。(数えているあたりがねちっこい。
3度は£10の不足。
1度は£5多く受け取り
更に一度£10多く受け取った。
そのたびに今渡した金額は£**だからつり銭が違うでしょ。
そう指摘する。

多い時はその場で難なく受け取ってもらえるが
少ないときにその分を取り返すのはかなり難しい。
大抵はカスタマーサービスにまわされ
一日の清算が終わって過不足チェックするまでは返金はできない
といわれる。
それでも粘ればその場で大抵は返ってくる。
つり銭を多く渡そうとするスタッフに一度ならず二度も当たった経験のある私は
過不足チェックで、その日に過と出るか不足と出るかなど
賭けみたいなものだとしか思えない。
 
 

新年の抱負。

皆様、昨年は気の抜けまくった不定期更新にもかかわらずのご訪問、
暖かいコメントの数々、ありがとうございました。
今年も気が向いたときだけで良いので遊びに来てくださいね。

さて、偉そうにつけたタイトル

新年の抱負。

私は小学校に通っていたときから
この言葉が嫌いだった。
正確に言うと
新年の抱負を立てるのは
結構気合を入れて
嫌いというよりはむしろ楽しんでいた。

ただ
あまりにも気合を入れすぎて
計画倒れならぬ
新年の抱負倒れになることが常で
その抱負が守れなかったと気付いた時点で
深く自己嫌悪に陥った。

幼い頃から純粋培養単細胞の私は
そうなった、もしくはしてしまった時点で落ち込み
また頑張ろうなどということには思い至らず
逆に
抱負を立てる前の方がよかったんじゃないの?
というほど自棄になった。

そんな幼い頃の経験から
小学校を卒業してからは
新年の抱負
などは立てないことにした。
学校で冬休みの宿題の一部としての義務が無ければ
きっとそもそもそんなこと始めたりはしていなかったのだ。
 
 

I miss you・・・

Oh, poor darling, you'll be lonely for more than two weeks.
I'm gonna miss you.

I'm gonna miss you too.
Your obento, your cooking....
I have to phone you everyday... to find things.

なんて愛されてるんだ、私。



では、また。
 
 

賭け。

今月の上旬から3週間休暇をとっていた。
一時帰国のためである。
この休暇は2ヶ月前から押さえておいた。

しかし
日本行きの航空券はとっていなかった。

なぜか。

2ヶ月前この時期の航空券の値段は£650+Tax
私の中で
£500以上のチケットは買わないことにしている。
また
かなり頻繁に
旅行代理店がチケットを出発日直前になって値下げするのを見ている私は今回も

絶対に安くなるはず!


何の確実性も無い自信を胸に
休暇をとったそのときから
値が下がるのをじっと待った。
 
 

おはよう。

毎朝駅へ向かう途中
道路掃除のおいちゃんに会う。

推定年齢60歳。

彼はいつもにこやかに
楽しそうに仕事をしている。

とても気さくなおいちゃんである。

初めて見かけたときに
目が合ったので

Good Morning.

と言うと

おぅ、おはよう。
いってらっしゃい。

と返事を貰った。
 
 

私を誰だと思っているの?

先日電車を降り
駅の階段を上りきったところでの出来事。

もちろん降車した乗客は私だけではなかった。
ちょっとした雑踏。
そこへ向かいからやってくる10代後半の女の子。
携帯で大声で話しながらこちらに向かって歩いてきていた。
そして私の横を歩いていたオジサンの足を蹴り上げた。
いや、正確に言えば
彼女も
そしてオジサンも前方不注意だったため
お互いの足が引っかかったという感じ。

ただ
女の子の方が大また開きで歩いていたので
ちょっと見には
彼女の方が蹴った
様に見えた。

普通こういう場合
どちらも

ごめんなさい

という状況。
しかし
ここはロンドン。

おじさんは

おぅ!そーリー!

といったのだが
ブリティッシュのコギャル(もう死語ですかね)は
ちょっとちがった。
 
 

エネルギーの有効利用

お久しぶりです。(最近多いな、この科白…。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

我が家ではレタスが成長し切り
インゲン豆が収穫期に入り
人参ももうすぐ試食できるほど大きく育ってきました。


8月に入ってロンドンはもう夏は終わってしまったような
ちょっと淋しい気候ですが
家庭菜園が
季節の終わりの(終わりなのか?
虚無感を埋めてくれています。

表現がオーバーですね。ははは。

ところで
皆さんはちょっとした苛々を感じたとき
また
その苛々が積もりに積もって爆発しそうなとき
どのように対処されるのでしょうか?
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。