スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

限界っ・・・!

トイレに行きたい。トイレに行きたい。トイレに今すぐ行きたい。


膀胱炎になりそうです、私。


ああ、すみません。
下品ですね。
今日2度目(日本時間でアップされるので正確には3度目)のアップです。
暇なのです。
トイレに行きたいのです。
しか~し

現在ハンディマンのレズリーオジサンが
この2年8ヶ月きちんと閉まらなかったトイレのドアを取り外し
削っています。
そんなわけで
はちきれそうな膀胱を抱えながら
気を散らすためにこれを書いているのです。
スポンサーサイト
 
 

素敵な休日の過ごし方:hahaha・・・

さて、昨日お話したキッチン修繕+風呂場の壁塗り替え、現在進行中。

今日は時間通り到着の
ハンディマンのレズリーと下っ端マルコム。
どうやら上手くいけば、今日一日で終わるかもしれない、とのこと。
ただバスルームのペンキ塗り
ということで
お手洗いに行くタイミングが難しい。
邪魔はしたくないし。

キッチンと、バスルーム同時進行のため、
私は何も出来ない。
ということで
久々に朝っぱらからず~っとPCに向かっています。
ほかにすることも無いし。
出来ることも限られてるし。

そういえば
また茶菓子を買っておくのを忘れた。
そんな事を今頃になって思ったりしています。
 
 

待つこと2年8ヶ月

先日のキッチンシンク見積もりの話
憶えていらっしゃいますか?
ええ
あの大昔の話です。
あの日の午後遅くに見積もりをしてもらい待つこと数ヶ月

いや
正確に言えば
契約時に

私たちが入居するまでには直しておく

ということだったので
実際待ったのは2年と8ヶ月

やっと明日、明後日と二日がかりで修繕してくれるそうです。
まあ勿論
こちらから何も言う前に動くような不動産屋ではありません。
どうやら旦那が先週末に送ったメールが効いたらしい。
 
 

蜂蜜レモン

さて、KEIKOさんから
蜂蜜レモンはどうやって作るのか
と質問がありました。
ウチではこんな作り方をしています。

材料
・蜂蜜 約300g
・ワックスのかかっていない檸檬 4~5個
・ガラスの密閉できる容器

作り方
1.檸檬を洗い、拭いてから1.5mm幅の輪切りにします。
2.はちみつ、レモン、蜂蜜、檸檬と、交互に密閉容器に入れていきます。
3.本当はこれで一週間放置するらしいですが、ウチでは翌日から使い始めます。使っちゃ表面に蜂蜜を足し、使っちゃ蜂蜜を足します。
すると4,5日経つと檸檬がもう何もでね~よ、といっているのが見えてきます。
そうしたら蜂蜜を加えるのを諦め、檸檬を全て取り出して2L容量の水差しに移し、そこに水を加えて檸檬を箸か何かでつつき、最後にもうひとふん張りしてもらいます。

重要:檸檬を切る前に包丁を研ぎましょう。
   蜂蜜は、あまり安すぎないものを使われることをお勧めします。
   テスコのバリューとアカシアハニーでつくったもので味比べをしたら、格段の違いがありました。
   バリューは避けた方がいいです。
   
ちなみにこのやり方だと、初日はかなり檸檬が利いてさっぱりめ、二日目から日を追うごと、蜂蜜を足すごとに甘くなります。
そして最後のひとふん張りの時にはまたさっぱり系が楽しめます。

ちっとも参考にならない、そしてかなり貧乏性のにじみ出ているレシピですね。
どなたかもっと参考になるレシピをもっている方がいらっしゃいましたら、トラバ付けていただくなり、コメント欄でアドバイスをしていただけると嬉しいです。

は~ちみっつ レ・モ・ン

旦那が歌うと(教え込んだ。わはは・・・。)
は~ちみっつ Lemon
になる。

れ・も・んと区切れないらしい。
そんなくだらないことで意味のない優越感にひたっています。
 
 

暑い日の飲み物は。

ここイギリスでは
毎日30度を超える日が続いています。

こんな暑い日には
普段は市販の清涼飲料水の類を手にしない私も
スプライトなんかを
ごくごくと
のどを鳴らしながら飲みたいものです。


イギリスで
それをやると痛い目を見ます。
のどをすっきりとなおかつ
潤わせたいときは特に
炭酸飲料を手にすると後悔します。

というのも
こちらで売られている炭酸飲料
甘いです。

まあ、もともと市販の
コーラだ
レモンスカッシュだ
などというものは
砂糖水に炭酸が入っているようなものですが
イギリスのは
ものすごいです。

炭酸飲料が
砂糖と水と炭酸と着色料で出来ている
というのを一口飲むだけで実感できます。

私はスプライトで感じました。
まだ試されたことのない方は
一度試してみてください。
ただし
甘過ぎるものを苦手とする方には
希釈するための炭酸水(1L)も同時に準備されることをお奨めします。
 
 

宴が始まる前に金欠。

uk_alienさんより
韮はどこで手に入れたの?
との質問がありました。
ウチで今育てているのは
数年前
実家から送ってもらった日本製。

そんなものまで親に送らせる
30過ぎの親不孝モノ
な私。

ところで
そういえば、
みつけたんですよね。
韮の種。
こっちでも買えるらしい。

ここで。

チャイニーズガーリック、
じゃなかった
ガーリックチャイニーズですね
っていうのが、たぶん韮です。
間違っていても一切苦情は受け付けません。
ただ、育ててどんな具合か教えてもらえると
私の次回の参考資料となります。
正確な情報を得るのは私。
使われるのはあなた。

うふ。

こういうリンクをつけると
アフィリエイトとか儲かるのかしら。
ふと
そんな事を思ったりする
今日この頃です。

ああ、財政難。

ウチは今のところ勝手にリンクつけてるだけです。
あしからず。
 
 

夏の日。

気付けばもう7月も半ばを過ぎました。
日本では
これからあちこちで
花火大会が毎週末開催される頃ですね。

日本の夏が恋しい

花火
屋台
盆踊り
海水浴

盛りだくさんのイベントを思うたび
帰国したくてなりません。
皆さんはいかがお過ごしですか?

それでも
今年の倫敦の夏は

悪くないです。

雨も降らず
連日30度を越える暑さ。
そして明日は36度まで上がるらしい。
夏女の私にとっては素晴らしい毎日です。

水不足なんて、
水が止まってから心配すればいいんです。(え?
今は兎に角
暑い、熱い日差しで元気を充電しております。

倫敦の夏、
日本のそれのようなイベントは
無いです

そのかわり
といっては何ですが
現在うちでは

レタス

にら
人参
インゲン
そして数種類のハーブを育てており、

毎日草むしりと水遣りに明け暮れております。

ウチの葱とにらは美味しいですが
レタスは店で買ったほうが美味しいようです。
にんじん、インゲンはまだ成長中。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。