スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

しばらくは左側

昨日は夕方から非常に眠く
夕食を作るのも辛く


8時(!)には目を開けているのが辛くなり
その30分後にはベッドにもぐりこんだ

熟睡して目が覚めたら11時半



3時間睡眠


しかし目はパッチリ

困った
明日も仕事である
でもしばらくは眠れそうにないのでPCを立ち上げた


そんなわけで

眠れない夜の怖い話



誰にでも
人生においてできることなら一生避けて通りたいものの一つくらいはあるだろう
そしてきっとそれは海外においては尚更である


しかし


そういうものに限って避けられなかったりする
そしてそれはある日突然やってくる
何の前触れもなしに・・・・・






かりっ


私にとってはその音が始まりだった
体の一部が掛ける音

痛みはなかった
初めはそれがなんだかわからなかった
わかった瞬間



・・・知りたくなかった


愕然とした






歯の破片




・・・・!




とうとうこの日がやってきた
医者恐怖症の私が
そのなかでもいちばん恐れている
歯医者

今ここで逃げたら
この先ますます恐ろしいことが待っていそうだ
そう思いつつ

・・・・・経ってしまった1週間


そして3日前
追い討ちを掛けるように
夕食に作った麻婆茄子で



みしっ



さすがに血の気が引いた
幸いまだ痛みもなかったので
翌日仕事のあとに近所の歯医者に直行
そして

『昨日歯が欠けちゃったんですけど、診てもらえますか?』

で返された言葉は

『あなた、ウチの患者さん?』




・・・・・え・・・・・?
あんたのところの患者ってどういうこと?


意味がよくわからなかった私は

『ごめん、わからない。』

で、彼女は冷たく

『あ、とにかくウチは来週まで予約いっぱいだから。』


・・・・・・



彼女の言っている意味がよくつかめなかったのと、歯医者に1歩足を入れたという興奮と恐怖で私は

『わかった(いや、わかってない)、出直してくる。』


そしてうちに帰った。




ここで念のためにイギリスの医療システムについて
あまり自信のない私が少ない知識で説明すると
ここでは医療費が無料
注:その分毎月給料から保険のようなものがかなり強引に引かれています
でも緊急の場合以外は自分が事前に登録を済ませたところのお医者さんへ行かなければ行けません
この登録で自動的にNHSというところに登録されます
NHSとは公営病院の総合機関みたいなもの
医者は大抵完全予約制
当日予約を受け付けない医者もかなりあるそうです
幸い私のところのお医者さんは当日予約OKといわれました
(まだ病気で診察を受けたことがない私)

イギリス在住の方、こんな説明で大丈夫ですか?間違ってないですか?


で、私はこの近所の医者の申し込みを済ませてあったため
歯医者でもすぐに受け付けてもらえると思っていた

私、NHS登録してあるもん



でも帰ってきた旦那に興奮しながらその日の出来事を話すと
なだめられ
イギリスの歯医者の診察をどのように受けるかについて一から説明をされた
そこで明らかになったのは






歯医者でも登録を改めてしなきゃならない



しかも
更に言われたこと


あれ、昨日説明してたの聞いてなかった?


・・・あ・・・・う・・・

自分のことでいっぱいいっぱいだった・・・






そんなわけで
翌日改めて近所のもう1件の歯医者へ行き
ウチの近所には歩いて5分以内に5件の歯医者がある
受付の金髪の可愛い女の子に見とれながら
登録を済ませて予約

で、彼女が天使の笑顔で言った言葉



『じゃあ、一番早い予約で3月9日。いいかしら?』






・・・・来月ですか・・・


『あの、歯がちょっと欠けたんだけど、もうちょっと早くならないかな?痛くはないんだけど、さ。そんなに待っても大丈夫かな?』



『う~ん、これより前の予約は無理ね。(にこっ♡)でも、多分大丈夫だと思うわよ。(え?何を根拠に?)もし、緊急の場合は(1枚のプリントを差し出し)ここへ行けばいいわ。応急処置、してもらえるわよ。』






私の歯は、応急処置が必要なのだろうか?
素人なのでわからない


大枚はたいてプライベートの歯医者へ行くべきか




痛くなったらそうしよう

2週間で左顎、どのくらい発達するかな。

痛くなりませんようにと祈りながらぽちっ→
スポンサーサイト
 
 

コメント

歯はいのちぃ~

・・・そんなCMありましたね。

私の登録した歯科医はNHSとプライベート治療(全額自費)両方やっているそうです。これは普通のようですね。もしくはプライベートのみ、とか。周りに歯の治療をした事のある知り合いが少なすぎ、プライベートもNHSもどこがよいのかさっぱりわかりません。もうこうなったら腹を決め、この歯医者と話をしてみて必要があればプライベート治療に対する出費は覚悟するべきでしょうね。信用できそうもなければほかへ行ってもいいわけですし。・・・などと悠長なことを言っていられるのは、まだ痛みがないためでしょう。(笑

=uk_alienさん=
ええ、一番奥の1本です。前歯きらっ☆は今回は望めません。それにしてもカレーの国の人たちのように、ですか。それはすごい難題です。ただでさえ緊張しているところへ自分の能力の250%位出さなければなりませんか。
助言に感謝します。予約まで時間があるので少し勉強します。

=ひろぴ~さん=
相談してみます。プライベート治療とNHS治療の違いとは基本的には使用する素材であるようです。
まあ、所詮歯医者さんも職人(と私は考えます)。上手いか下手かは個人の技量。もうあとは運を天に任せるのみです。

=leira-londonさん=
上記したようにそこの歯科医は私が希望すればプライベート治療法というのも使ってくれるようです。まあ、どちらにしても歯医者は歯医者。怖いことには変わりません。

NHSの歯医者に行ったことないなぁ。プライベートだけですわ。
そんなに高くないところ見つけたのでそこにいってますわ。
歯は大事ですからね。

国変われば医療システムも違うんですね^^;
かかりつけ医院制度みたいなものでしょうか? 歯医者は自費で美しく治す選択もあるので、色々相談してみるのもいいかもね。いい勉強になりました♪ 俺も早く歯医者に行こう(涙

かわいそう

欠けたのは奥歯でしょうか?NHSはプライベートと比べ、安い材料しか使えず、白いフィリングは前の4本に限られるなど、制限があるようです。経験を積まれたツワモノさんならよいのですが、いきなり金の前歯で帰宅するようなことがないよう(それはないと思いますが 笑)しっかり何が問題で何をするのか、インド人くらいのぶしつけさで聞いたほうがいいと思います。あと、GPでもそうですが、歯医者でも説明を聞いた後どうしたいのか自分から言わなければならない感じなので、前もって旦那さんにきいたり、インターネットで調べたりしておくのもいいかもしれないです。

私は歯質が弱いため子供の頃から治療に続く治療で歯医者が大嫌い。イギリスでもプライベート治療を選びましたが、母国語でもいやなのに、英語だと結構つらいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentto.blog42.fc2.com/tb.php/23-adcc0901

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。