スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

心の友よ

先日私の日本に住んでいるイギリス人の友人が電話を掛けてきた
いつもの


元気?

何してる?


そんな会話である。










以前私が東京にいた頃
彼が私に言ったこと


『そんな下手な英語で僕に話しかけるな』



要は彼を英語の練習相手として利用するなというのである。
ちゃんと友達として付き合えというのである。


彼をそんなふうに利用していたつもりはさらさらなかった私は
そんな風に言われたことにいささかショックを受け

軽い

ほんとにかすかな


ではあったが
自己嫌悪に陥った
まあ私の英語力も大してあったわけではないし
筋も通っていないこともないような気がしたので
それからというもの
その時点で彼の顔を見れば英語で話しかけるのが私の癖になってはいたが
それでも彼に対してできるだけ日本語で話しかけることにした




日本語で話している私に
彼が言ったこと




『お前は何を言っているのかさっぱり解らない』





私の話し方が早いのか


と聞くと

まあそういうこともあるがそうでないことも結構あるという
更に


『僕はお前以外の日本人が話していることはたいていわかる。
そんな僕がお前の日本語だけ理解できないのは僕の理解力のせいじゃない、
お前の日本語がへたくそだからだ。』






・・・・・・。









類は友を呼ぶ




私も

ロンドンという多国籍都市に6年近く住み
初めはどこへ行っても一人一人が違うアクセントを持っていることや
驚くほど多くの人々が英語が母国語ではないということに気付かず

どうして私の英語の理解力は向上しないのだろう

と悩んでいた







今では相手が話していることが私に理解できない時は
口には出さずとも

相手の発音のせい

そして

相手の語法・文法の誤りのせい

にすることのほうが多い









それにしてもこの友人
私に


日本語で話せ

というと同時に
未だに私の日本語は彼にとって


理解不能



という






これでは私だって彼が私に




どうして欲しいんだか全く理解不能


である。

ただ私に




黙っていろ


と暗に言っているのだろうかとも思ったが
時には質問形の文体で私に話しかけることもある。
これは
私に話す機会を与えている
ということであると考えていいだろう。







そんな彼に私はその電話でこのブログのことを話した。






その時の最新の記事は

美容室の現場から

彼は電話中に私相手に冒頭から英訳を始めた
そこで彼は

『“~優雅に朝風呂”この部分は文末を過去形にするべきだ。』


と指摘。


あのぉ、それは一応体言止めという日本語の用法を使ったつもりなんですが・・・


そう思ったが

体言止め

を咄嗟に説明できなかった私。



そのため彼は私のことをますます

正しい日本語を使えない日本人

と決め込んだようである。

もう彼の中では私の日本語に対する不信はゆるぎないものになっているだろう。






確かに自分の綴っているこのブログ記事
過去の文章を読み返すと

伝えたいことが正確に伝わらないような表現をしている部分

文法的な誤り

など100%正確な美しい日本語とは言えない。
量が直せる範囲であるうちに
直していかなければならないなと思っている。







母国語を使っている私の文章に外国人の君がけちをつけるなど失礼千万、思い上がりも甚だしい。


と彼に面と向かって言えるように
より美しい日本語が使えるように日々精進せねば。
更に
彼が私が日本語でそういったときに理解できなければ
間髪いれず英語で罵倒説明できるように
英語もなおざりにはできない。




今日もこの記事を読んでいるかもしれないし
読んでいないかもしれない。




でも
もし読んでいたら






『お前の書いている日本語はやっぱりおかしい』





そう言うだろうな。
あ、でもその前に




『お前の日本語は下手くそ過ぎて読む気にもならない。』


と既に思われているかもしれない。
それはそれでまた悔しい。





頑張れニッポン!→ってオリンピック閉幕してた。


追記:今では彼は私に『お前の日本語はわけがわからないから英語で話せ』というが、
私も時にはムキになって彼に日本語で話し続ける。
こんな彼は私の1番の親友である。
スポンサーサイト
 
 

コメント

>uk_alienさん

英語では相手の微妙な話し方のくせによって言っていることが全くわからなかったりします。
ただ逆に、日本語で自分が気付かずに使っている癖をつっこまれたときに説明できないと、もどかしさを感じます。
相手の語学力が高度になるほどつっこみ方も厳しいんですよね。
私の場合特に、喋ってから考えるのでつっこまれると痛いのです。(笑

日本で日本語を真剣に勉強しているイギリス人には二人出会いましたが、彼らも言葉にうるさかったですよー。真剣そのもの。でも思い返せば私も英語を真剣に勉強してきたので(今はちゃらんぽらんですが)そうした語学学習に対する真剣さや執念は好きです。

>leira-londonさん

理解可能のようで安心しました。最近どうも自分の言語能力に自信を失いかけています。

ところでまあ私の友人、頭悪かったらやっぱり私も類友ということで。(笑

ひどいわ

そりゃひどいわ。
3ぱいんとさんのブログきちんと読めますよぉ。
そのイギリス人の友人が頭悪いとか?(失礼)

>_miwa_さん

ご声援ありがとうございます。
・・・って、選挙の宣伝カーみたいですね。

いや、そんなこと言う前に彼はあーちゃんパワーに圧倒されますよ。(笑
『日本人の子供、侮れない』って。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんだか・・

3ぱいんとさんの日記を読んで
『頑張れ日本!』というよりも
『頑張れ3ぱいんとさん!』って気持ちになったので
ランキングをポチッ!

イギリス人のお友だちが
私のブログを見たところを
想像すると恐ろしい・・・
『お前は本当に日本人か?』
って言われそう・・・v-404

>ひろぴ~さん

英語に存在して日本語にはないものもあるんですよ、結構。
(ほら、シンプルなんていわれると未だに流暢に英語の話せない私の沽券にかかわるので-笑-)
まあ、それは置いておいて、英語なんて話せなくても何とかなりますよ。ウチの母なんか、私の旦那に容赦なく日本語で話しかけ彼をたじたじさせてますから。(笑

日本語って英語の様にシンプルじゃないので・・・
例えば”You”が、あなたやおまえや方言も混じれば多種多様になるし・・・。

でも表現が美しい日本語を表現豊かに使って、
ブログを書くって事は私も楽しい事かもね♪

でも私も英語を教えてもらいたいかも(涙

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentto.blog42.fc2.com/tb.php/25-4135c3a5

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。