スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

裏切り行為

昨日の記事は私の嫌いなカリフラワーネタにもかかわらず反響が大きく
コメントを一日に7人もの方々から頂いてしまいました。
そして朝起きてみるともう一人の方から・・・。
これは自己新記録です。

単純な私はこれをきっかけに

カリフラワー大好き人間

に生まれ変わってしまいそうなくらい有頂天です。
調子に乗ってカリフラワーレシピ其の二といきたいところですが、
今日の晩御飯は昨日の残りのカリ・チー(ここでも略す)+チキンのニンニク焼き。
ネタにも何もなりやしません。
ただの残飯処理です。

そんなわけで今日は先日お話しした私の通信講座の話の続きです。

皆さんから非常に心強い励まし、応援の言葉をいただきました。

ありがたや~
ありがたや~

しかし

誤解されていると心苦しいのでここで懺悔を。





一応一生懸命やっています。

必死に頑張っています。





カンニング


してます。

というのは

例えば英文和訳。

英文の意味がさっぱりわからないのです。

例題は金融や技術、医療などでまず単語がわからない。

まあこれは辞書を使います。

辞書を使うことは翻訳においてなんら悪いことではありません。

しかし

辞書を使っても、すべての単語の意味がわかっても、その英文が文章として私にはさっぱりわからないのです。



私の言うカンニングとは

旦那にわかりやすい英語に直してもらうのです。

ええ、彼は私の生ける教科書ガイド。





ごめんなさい。



これはもしかすると皆さんに対する裏切り行為かと。


そんなわけで私は良心の呵責に耐えかねてここで謝らせていただいております。





陳謝。






ただ、残念なことに、彼にもわからない文章が出てきます。

なぜ?

わかりません。




とにかく、彼が言うに

この英文はおかしい

文法的には正しいが、こんな言い回しは普通しない

と私のテキストにけちをつけます。

時には腹を立て始めます。

それは大抵は金融関係の文章です。

これが本当に彼の言うように問題文に誤りがあるのか、

金融特別の言い回しで彼には理解できないのかは私にはわかる術もありません。


ウチの旦那はまともな話をなが~く説得力付きで話せる人なので彼の英語力は私の日本語力よりも優れていると思うのですが

かといって私自身がテキストに疑いを持ち始めるとお勉強意欲が削がれてしまいます。


そんなわけで翻訳の勉強をする時は楽しい夫婦の会話から始まって、
あーでもない、こーでもないといいはじめ、
しまいには険悪なムードにまで陥ることもしばしば。

まあ、私も初めから旦那に頼らなきゃよいのですがやっぱり目の前に本物のイギリス人がいるんですもの、ねえ。




まあ、そんなこんなで問題を終え、メール提出。





2週間後に添削された答案がはるばる海を越えて帰ってきます。








今度は私の怒る番です。

何でこんな和訳になるんだ。

1つの文章に何度も同じ単語を入れて訳すなんて読みづらい

いいまわしをかえたほうがいいじゃないか

と。


でも、私は所詮素人。

相手はプロです。

何度も何度も答案を見返して心を落ち着けるとなんて事はない、私が間違っています。






翻訳。

楽しいですよ。

日本語の再確認にはうってつけです。

英単語の習得にももってこいです。

そして夫婦の喧嘩腰の会話も、原因は自分たちにないのですから結構楽しめます。


まあ、私の趣味に無理やり付き合わせられてる旦那はちょっと気の毒、かな。




問題文の英語はネイティブが書いたものではないのではないか、とウチの旦那は未だに疑っていますが、世の中には知らないほうが幸せなことってありますから、私は学校にはあえて問い合せたりしていません。

私の罪は赦されますか?→
スポンサーサイト
 
 

コメント

>気合(!!)のはいったコメントですね。(笑

=KKさん=
いやぁ、力強いコメント、ありがとうございます。でも最近では、頑張って日本語を覚えようと努力している旦那を見ると、あまり大きな顔もできません。
・・・なんていいながらしっかり尻には敷いていますが。(笑

=uk_alienさん=
言葉に明るいのは確かにいいことかもしれませんが、説明は長~いですよ。話の途中で私のほうが何のことを聞いていたか忘れてしまうほどです。私は要点のみ聞きたいのですが。(笑

旦那さんが言葉に明るいというのはいいことですよ。家の旦那は英語(国語?)に関してはよくも悪くもイギリス人らしい驕ったところが足りない!だから添削先生の役目がまるで果たせなんです!

カンニングなんかじゃ無いですよ!!

英語が母国語の夫の言葉である慣れない英語を使って「あげて」るんだから、何かメリットあって当然!!大きい顔をして生きていきましょう!?v-218

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentto.blog42.fc2.com/tb.php/28-6ba18165

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。