スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スーパーマーケットにて

ロンドンのスーパーマーケットのレジでよくあること。

合計額が、たとえば10ポンド6ペンス。
その時、10ポンド札が手元にない代わりに、20ポンド札があるとする。
小銭も、6ペンスはないが、10ペンスコインと1ペンスコインがあるとする。
小銭おばばになりたくない私は、
(いや、小銭にこだわる時点でおばちゃんなんだけど、それは置いといて^o^;)
20ポンド11ペンスをレジ係に渡す。

五割の確率でレジ係に不審そうな目で見られる。
で、そのうちの半分は、黙って打ち込みをして10ポンド5ペンスのお釣りをくれる。
残りの半分は“20ポンドで十分なのよ、あんた。”と親切に教えてくれる。
で、こっちも
“私小銭をあまり持ち歩くの好きじゃないの。だからこれで計算してくれる?”
と丁寧にしかも笑顔でお願いする。
このときも大抵の担当者は
“この子、きっと私の言っていることが理解できないのね。”
とちょっと気の毒そうな目つきで私を見ながら、それ以上のことは言わずに私の差し出しているものを受け取り、10ポンド5ペンスのお釣りをくれる。
これらの場面では、10ポンド5ペンスのお釣りが出た時点で、私も、レジ係も、私の勝利を悟る。

しかし中には強敵がいる。
笑顔でのお願いが、通用しない。
更に、これらのつわものどもは、
“20ポンドで足りてるって言ってるでしょ。”
と不機嫌になり、小銭をつき返す。
こんな時私は9ポンド94ペンスを黙って受け取り、引き下がる。

これらの敵は可愛いほうである。
なんといっても彼らは端数の計算を暗算できない(と私は思っている)のだから。
弱い者いじめはいけない。

しかし、これらの上を行く者どもがいる。
やつらは20ポンド11ペンスを黙って尚且つにこやかにうけとる。
そして会心の笑みを浮かべながら、
1ポンドコインを10個と5ペンスコイン1個をおつりとして返す。
“ごめんね、10ポンド札切らしてるの。”と。

そして今日も、私のお財布の中にはちょっと小銭がたまっている。
スポンサーサイト
 
 

コメント

>matsuko30さん

早速のご訪問有難うございます。
ええ、たまりませんよ、ロンドン生活もドイツに負けてないでしょう。

いや、実はこっそりTB試しているんですが何せ私も初心者なもので未だにうまくいかない。
もしくっついてたら、やったなこいつ、と思ってください。
くっついてなかったら、この機械音痴、と鼻であしらってやってください。

ぜひまた寄り道してくださいね。
私もうかがわせていただきます。
そちらでTB実験として試されたかったらぜひ試してください。

はじめまして♪

3ぱいんとさん、さっそく訪問させていただきました。ロンドン生活、楽しそうですね~(笑)。
ドイツのレジ係は、イギリス人より多少計算に強い、かな?一応みんな素直にお釣りをくれます。
レジつながりのトラックバック、是非してやってください♪...って、実は私はTBのやり方とか意味がよくわかってない!のですが、3ぱいんとさんの方からできるものなのでしたら、ご遠慮なく!
とっても楽しいブログなので、また遊びに来ますね~。

>ライさん
こんにちは。
きちんと何事滞りなくなされる東京がよいのか、柔軟性に富むロンドンがよいのか、二者択一は容易ではないですね。
ふふふっ。

わかります!テスコで買い物していた時にすごく感じましたw
それにしても、サブタイトルの『倫敦生活ももうすぐ6年。ここにいれば東京の便利さを、日本に帰ればロンドンの居心地のよさを感じます。』 一文で凄くぐっときます。私も大同感ですw

>けいさん
はじめまして。
けいさんの名前が自動変換で計算になってしまい、記事の内容が内容だけに一人でにやりとしてしまいました。
あっ、わざわざコメント頂いたのにこんなこと、失礼でしたね。
ごめんなさい。m(><;)m
ところで1ポンド貯金、硬貨1つが重いので貯まった時の充実感はかなりよさそうですね。
ちなみにうちの旦那は1ペンスと2ペンス硬貨を貯めている溜めているようです。

わかる…

はじめまして、けいと申します~。
イギリス人はほんと、計算に弱い!私もよく小銭が増えないように出しますが、みんな「??」って感じでレジに受け取った金額を打っています。今のところ「20ポンドで足りるわよ」と言われた記憶はないですが…。(笑)
けど、最近は1ポンド貯金に目覚めたので、逆にいかに1ポンドコインをもらえるかを考えつつ、お金を払う日々です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentto.blog42.fc2.com/tb.php/3-9f83aaa5

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。