スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

不思議な質問

美容院へカットをしに行く。

お待たせいたしましたぁ。
**様どうぞこちらへ。
本日担当させていただきます、○○です。
今日はカットということですが、どんな感じにしましょう?


そうねぇ、今回は長さはあまり変えずにレイヤーを入れて、それから全体的すいてもらおうかしら。

まあ、初めて行った美容院でのシャンプー前の会話はこんな感じだろう。

ここロンドンではこの前後に不思議な質問をされることがままある。
この質問をするのはインド系イギリス人に多い。
質問の内容はいつも同じである。






あなたカット上手?






・・・・・






どんな答えを期待されているのだろう?

ボケか?
初対面、一発目で私はウケを狙わなければならないのか?

ただ単にプレッシャーをかけているのか?
この質問に耐えられないようじゃあ甘ちゃんだ、答えられるか?どうだ?

それともこの人は本気でこんな質問をしているのか?




いやぁ、実は私、カットはあまり得意じゃないんですぅ。






なんて答えが返ってくると思っているのだろうか?
そしてそんな答えをしようものなら


ちょっと値切ってやろう



とか密かに計画されているのか?

いや、インド系の方々、値切ろうとなさるんですよ。
親戚がここの顧客だからとか、友達紹介するから安くしろ、と。




逆に




私のカットは世界一よ。



と答えたら、そのまま彼女はその言葉を信用するのだろうか?

たとえもし私が、昨日鋏の開閉の仕方を生まれてはじめて学んだだけであっても?



初めてこの質問をされた時、私の頭の中ではこのような様々な疑問がよぎった。
もう、軽いパニック状態である。
何しろ、質問の意味はわかっても、意図がわからない。
瞬間にいろいろ考えてしまったため、妙な間が空いた。
とりあえず、質問を質問で返すというアラワザを用いた。

今までに、その質問にNOと答えた美容師っている?

いないわ。

ふ~ん。じゃあ、私がNOと答えたらこの場で帰るの?

ん~・・・どうかなぁ。

私は鋏を握って10年ちょっと。
自分では上手いと思っているけど、上手い下手はあなたが判断することだと私は思う。
それでも良かったら切らせてもらえる?


じゃぁ、お願いするわ。


ということでその場は収まった。
彼女、後日再度カットに戻ってきた。
2度目だったので今度はこっちから聞いてみた。

何でカット上手いか、なんて聞くの?
絶対下手だなんて答え、返ってこないでしょう?


なんとなくね、聞いちゃうのよ。

ふ~ん。


最近はようやくこの質問にも慣れた。
未だにちょっと戸惑うのだが。
ウケを狙うか、まじめに答えるか。


考えながら自分の指、切ってしまいそうです。




ありがとうございましたぁ。→
スポンサーサイト
 
 

コメント

>likkleさん

ようこそいらっしゃいました。
likkleさんのとこ、ちらっと覗かせていただきました。
胎教に良いのか悪いのかわからないウチでよければ、リンクどうぞ付けてやって下さい。
相互リンクご希望の場合は、ご連絡ください。
またお待ちしています。

はじめまして!面白くって噴出しながら読んでしまいました。3ぱいんとさんの感性ものすごく好きです!よかったらリンクのせてもいいですか??

>つわものどももぎゃふんと言わせる会話の達人目指します。

=uk_alienさん=
実は、恐ろしい事実ですが、この質問をするのはオバサンではなく20代後半の方が多いのです。
どんなオバサンになるのでしょう。
彼女らは基本的にお喋り好き。
内容もファッションだろうが宗教だろうがお構いなしです。
あの勢いに勝つにはかなりの体力が必要です。

聞き役、辛いですよねこういう相手は。
接客中タブーな話に持ってかれたら、相手の機嫌を損ねず軌道修正するのに一苦労です。
なんせ機関銃ですから。

=ひろぴ~さん=
有難うございます。頑張ります。

関西のオバサン方も、人によっては手ごわそうですね。
でも関西人はボケ&つっこみの理解があるでしょうから、相手がどちらかを見極めればなんとか・・・なりませんか?


=leira-londonさん=
やってみます。
まずは基本の、間の取り方を勉強しなければ・・・。

=青井そらさん=
わざわざのご訪問、有難うございます。

相手を不愉快にするとあとで面倒ですから・・・。
どうしても、止まってしまうんですよね、どうもいろいろ言葉の裏を妄想想像してしまって。

勉強、しないで参考程度にしてください。
私はいろいろ偏った見方をしていて、それをそのまま書いてますので。(笑

初めまして!

ブログにご訪問いただきまして、ありがとうございました!

なんとも不思議な質問ですね~、何より、3ぱいんとさまの心の中のめくるめく疑問が面白い…^^

文化の違いなのでしょうか、日本にいるだけではわからないこともあり、こちらのブログ、勉強になります><

やっぱ

これはユーモア、笑いを取るような答えでいってみませう!!

おお、なんか職人気質ですね~♪
私もいちお「~~師」だけど(ペテン師ではない)
同じような質問されたら、結構即答に悩むなぁ。
「あんた作るのウマいの?」とか
「あんた何でも知ってるわけ??」とか
オバハン達にいじめられるひろぴ~でした。

がんばれ職人!

ときどき、コンパルシブ・スピーカーの人っていますよね。話すために話してる。意味もないのに質問してる。日本人によくある、場を保つためのおしゃべりじゃなくて。このおばちゃんもそうだったんでしょうか。
ちなみにこのタイプは、無口で聞き役に回る私には拷問以外の何ものでもないです 笑。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentto.blog42.fc2.com/tb.php/41-1caf100f

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。