スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ロンドンでお洒落する?

今日は仕事帰りにセンターへ。
旦那のタイピンを調達しに行った。
ついでに自分の服も見て帰ろうと寄り道
と言うか
そっちのほうがメインになった。



東京にいた頃は職場がデパート内にあったため
社員割引
もあった。

そして私、自分で言うのもなんだがあの頃は
かなりお洒落さんだった。




過去の栄光





今の私は

小汚い。

ポチして続きへどうぞ→
ロンドンで服を買うのは一苦労である。
まず安い服か高い服しかない。
安い服はほんとに安物にしか見えない。
高いものでも、例えば日本で同じブランド物を見ても、こっちのもののほうが質が悪い。
しかし値段は高い。

この程度でこのお値段?

私はここへは学生(ただのありがちな語学学校生)として来たので初めの3年間は我慢ができた。
自分を

苦学生

と思い込み、自己陶酔に浸っていたので。

安っぽいな、と思いつつデパートには近寄らず
量販店の安物・マーケットでのセカンドハンド等で過ごした。
特に学校に通い始めてしばらく経ってからは
校長先生より日本人生徒相談役を賜り
綺麗な格好をしている日本人が物取りや、スリに襲われてることを知り

この国で仕入れた安物を着ていれば大丈夫かも

という、いつもの短絡思考楽観主義姿勢をとり、
ロンドナー(お洒落してるんだけどいまいち垢抜けない(若)者たちの一員)と化した。

ただ、合うサイズはない。
身長は比較的高いほうなのでパンツの丈はこっちのほうがぴったりした。
しかし幅は

ぶかぶか


以前もちらっと書いたがこの国にはふくよかな人が多い。

小さめのサイズを買っても
例えば
腰で穿くパンツ
腰の部分がぴったりのものでもなぜかお尻の部分も太ももの部分も余る。
ブーツカットでお尻、太ももの部分はぴったり来るはずのデザインが

もんぺ

のようだ。

でも苦学生の私はそんなことではへこたれなかった。

ビンボー暇なし
若いとき(当時は20代だった)の苦労は買ってでもしろ。


針と糸を取り出し

手縫いでお直し

小学校4年生のときに家庭科クラブに在籍していたのがこんなところで役に立った。


長くなったのでつづきは明日→
スポンサーサイト
 
 

コメント

>uk_alien さん

手縫いしたのは背に腹は変えられぬ状態で、ほかに選択肢がなかったのです。
ちなみにカーテンも手縫いしてみました。
これはさすがに飽きました。
ミシン購入を本気で考えたのはこの経験のせいもあるのです。

通販ですか。
実は私、通販は日本で痛い目にあっているのでどうも二の足を踏んでしまうのです。

手縫いですか?すごいですね。私はスカートやパンツはサイズがすぐになくなってしまうのでもっぱら通販専門です。

>服は日本のほうがデザイン・質・値段全て私好みです。

=はなはな22さん=
わざわざのお越しありがとうございます。

どうなんでしょうね。
日本に住んでいた時は海外へ行くたびに服を買ったりしたものですが、それはやはり旅行者の目に映った品。
落ち着いてから良く見るとやはり当時でもいまいちでした。
まあ、高級ブランドになると話は別かもしれませんが私はウン十万単位の服など用が無いので。(笑
一万円前後なら断然日本のほうがよいものが手に入るような気がします。
いつでもいらしてください、お待ちしています。
私もまた美味しい情報収集に伺います。

=leira-londonさん=
特に当時は仕事もせず、学校へ行っていたのみですからお金は無くとも時間はたっぷりありました。
そんなわけで買ってはちくちく・・・。(笑

買えない、やはりそう思われますか。
私は未だにだめもとで歩き回って、無駄な体力と気力を使い果たしてしまいます。

手縫いで

お直しなんてできないわ~。
こっちで服は買えません。

はじめまして

コメントありがとうがざいました!

外国って大変なんですね!!服って日本よりいいものがたくさんあるよな気がするのですが…意外でした。何より家庭科クラブの経験が役に立ってよかったですね!!
ブログ面白いのでちょくちょく来ます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentto.blog42.fc2.com/tb.php/42-2eb73c59

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。