スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

またもや電車のなかで

ロンドンの電車は話題の宝庫である。

たかが10分に1本のダイヤなのに

遅れる
キャンセル
はたまた週末全日運休・・・

それでも動いていれば人間観察の楽しさは
日本のそれとは比較にならないほどである。


では続きの前に今日もお願いします。→
先日ある駅から10人近くの男の子が一気に乗り込んできた。
どうやら学校のお友達同士らしい。

推定年齢8歳の彼ら
だだだーっと乗り込み
まずは席の確保。

たまたま私の席の周りがあいていたので
彼らに囲まれた私は一見引率の先生のようになった。
座席は向かい合いの6人掛け、通路を挟んで向こう側は4人掛け。
そんな席で子供たちに囲まれた私。
気付かないフリ(どう考えても気付くだろう)をして本を読み続ける。
すると彼らはまずお喋りを始めた。

かなりうるさい。

仕方がない、もう一駅だ
あと10分弱だ
無視無視

すると私の隣の子供が向かいに座っている一人に
自分の食べかけのポテトチップスを投げ始めた。
そして向かいの子も応酬。
隣の子には位置的に無理があったので向かいの子供を目で殺した。
気付いた彼は止めたが
これをきっかけに子供たちほぼ全員でポテチ戦争が始まりかけた。
さあて、叱ってやろうかなと息を吸い込んだ瞬間
ふとどこからか


OI!(おい!)


おお、誰かが変わりに注意してくれる
素晴らしい。
そう思うか思わないかしているときに続きが






Are You Foreign?(お前らガイジンか?)


・・・・・(子供たち)


Are You Foreign?


・・・・・No・・・・(勇気ある一人の子)


Behave yourself, then. (じゃあ、行儀よくしろ。)


・・・・・


この青年の立派な行為は
この突っ込みどころいっぱいの注意の仕方で締めくくられた。

彼の言い方はあまりにも私のつぼにはまり笑い転げたかった。
突っ込みたかった。
ガイジンの私が今ここで騒いだらどのように彼は反応するんだろう
そんな興味もわいた。

彼がガイジン差別主義者なのか
ただ言葉に不自由なのか
それとも両方なのか今となっては私の知る由もないが

彼の公共の場で子供を注意することのできる勇気

を私はここで称えたい。
スポンサーサイト
 
 

コメント

>バリエさん

そう注意したら、一瞬の沈黙の後、乗客全員の笑いが取れそうですね。

ぐっときました

私も言いたい!「おい!日本男児(大和撫子)として恥ずかしくないのか!?」(笑)

>日本でも子供に注意できる人

少なくなりましたね。

=シトさん=
注意のできる大人、必要ですね。
我が子が他人に叱られて、逆切れする親もいますが・・・。

=H iさん=
Hiさんも、目で殺しますか。(笑
彼が注意してくれて内心ほっとしました。
もし子供に逆にからかわれたらどうしよう、と、ちらっと思ったので。(笑
遠距離恋愛ですか、大変ですね。
子供たちにも負けず、頑張ってくださいね。

=ひろぴ~さん=
お仕事、お疲れ様です。
私もそう感じました。
それでも彼の子供を公共の場で注意するという行動の素晴らしさと、彼のどうとでも取れる言い方とのギャップがあまりにもありすぎ、周りのは微妙にひき、子供はおとなしくなり、私は…笑えました。(顔には出しませんでしたが。

ひろぴ~さんもどんどん吠え続けてください。

=leira-londonさん=
注意できる人、本当に偉いと思います。
言い方は変えたほうがいいかもしれませんが(私、個人的には笑えるのでかまわないと思いますが)、行動は続けて欲しいですね。

=uk_alienさん=
特に意味はなかったんじゃないでしょうか。
その場で突っ込む勇気がなかったのでちょっと書いてみました。(笑
効果は抜群でしたよ。
子供たちだけでなく、周りの大人たちもおしゃべりを止め、車内は静まり返りました。

=likkleさん=
ええ、勇気のある素晴らしい人です。
ガイジンか?については、あまり意識してなかったんじゃないかな、と私は思います。

この人はある意味勇気あるかも、、、
叱る勇気と人から「お前?!」って突っ込まれそうなる勇気。しかしこの人はなにを思って「外人か?」って言ったんだろう??観光客の態度の悪さが気になってたのかな??

Oi, are you foreign?

なんか、意味があるのかないのか。でも子ども達にとってはこういう有無を言わせぬ理由付けの方が絶対的に効果的だと思います。

ご立派

子供をしかることに対して、この国はすごく慎重ですし、なかなか注意する人も少ないですよね。
外人差別的な発言は多めにみても、すばらしい人ですね。

公共の場で人を叱るのは難しい事です。
でも、外国人蔑視とかの視線ではなく、おそらく本国人として恥ずかしくない
立ち振る舞いをしなさいといった咎め方だった気がしますね。

ちなみに、私の場合は・・ いつもブログで吠えてるか(笑)

3ぱいんとさんの”目で殺した”に思わず笑っちゃいました~。私もたまにやります・・・。
私は遠距離恋愛のおかげで月の半分はイギリスの南のある島にいるんですけど、もーそこのお子様たち、ティーンのお行儀の悪いこと悪いこと。(子供が子供を生んでいるような感じで、しつけがなっていないのでは?と思う。)
言い方はどうにしろ、びしっと注意したその人の行動はいいと思います

すばらしい。
最近、子供の教育がまったくなっていない現実にうんざりしていたところでした。

こういう人は、たとえ外人差別主義者であったとしても今の世に必要だと思う・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentto.blog42.fc2.com/tb.php/53-3953d161

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。