スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

招待されて

英語学校に通っていた頃のこと。
担任Sとウマが合い
彼が私と私の彼氏(現旦那、以降旦那とする)をディナーに招待してくれた。
担任Sと旦那はこの日初対面。

待ち合わせの駅に早めに着き、ワインを二本と麦酒を調達。

暫くしてSが現れた。
お互いを紹介しあって彼のフラットへ。

今日はパスタをご馳走するよ~!

ご機嫌な担任S。
ポチしてつづきへさあ早く!→
フラットへ着き
まずはワインをあけて飲み始める。

他愛のない話。

・・・って言うか覚えていない。

しばらくたって担任S、

じゃ、作り始めるから。

なんか手伝うことある?

と私。

いや、大丈夫。任せておいて。

とかなり自信満々。
これはかなりの料理上手に違いない。
膨らむ期待。

トントントントン・・・・

なかなかリズミカルな包丁の音。

じゅう~っ・・・・

おっ、玉葱とニンニクの香ばしいにおい。

うぃ~ん・・・チン!

さすが、電子レンジも駆使している。
何が出てくるんだろう。

お腹すいたでしょ。
これ、前菜用のスープ。


え?もしや・・・!

そう、あのチン!は、出来合いの市販のスープを温めていた音。



まずっ・・・・・



塩分たっぷりの豆のスープ。

いや


豆の色をした塩のスープ。



それが汁椀の倍の大きさもある器に入れられている。



これ全部頂いたらせっかくのお料理の前にお腹いっぱいになっちゃいそう。

そんな見え透いた嘘を可愛いこぶってつきながらワインで口を漱ぐ。
さっきまでの期待が一秒ごとに不安に変わっていく。
気分を盛り上げるため、更にワインを口に含む。

大丈夫だ。
いいにおいがしてる。
これはマッシュルームのにおいだ。
玉葱とニンニクとマッシュルーム。
そしてベーコンのにおいが。
これは、どう失敗しても不味くはならない組み合わせ。

ちょっと安心。


で、出てきた。

私は満面の


作り笑い


を浮かべながら恐る恐る一口。
うん、悪くない。
それまでの恐怖が吹っ飛んだ私
満面の


本物の笑み


を浮かべ


すごい美味しい。
ありがとう。



旦那も、


うん、これはいけるね、上手いよ。


そしておもむろに私は二口目。






あれ?



・・・・・・。





確かに具は上手い。





このパスタ



アルデンテどころか



芯が口の中で音を立てるぞ






スープは飲めない。
これでパスタまで残すのは失礼だ。
口に入れてはワインで流し込みすべて平らげた。
そして隣の旦那を見ると







おい。







具だけ食べてる!




それまでの会話で私の方が食い意地が張っていると言う話は出ていた。
私の方がよく食べると。
だからって





この





裏切り者ぉぉぉぉ!



この担任S、それでも気を悪くせず、その後もパーティーに招待してくれた。
次からはなんだかんだと理由を付け、腹ごしらえをしてから出かけていった。




追記:特に翌日腹を壊した、ということはなかった。
スポンサーサイト
 
 

コメント

>美味しければ煮物の汁まで飲んでしまう

イギリス人が愛しくなることも。

=KKさん=
ルクを3つもそろえてしまうKKさんは、きっとお料理上手だと思われます。
そのため旦那様も綺麗に召し上がられるのでしょう。

=KEIKOさん=
ええ、ご想像通りです。
必死に食べる私と、楽しげに会話をする2人。
私をあざ笑うかのように2人のパスタはかぴかぴにっていく・・・。

=likkleさん=
味付けは濃いものを好まれる方が多いですね、この国は。
鮨を食べてるために醤油を使うんだか、醤油を食べるために鮨があるのか分からない方とか。
そうですね。レストランでさえもパスタがうどんみたいになって出てくることがままありますからねぇ・・・。

日本人は「味」っていうのがわかる人が多いとおもう!こっちの人の味はほんとに濃いっていうかなんていうか、、、わさびあげようもんなら大量に使ってそのものの味消しちゃうし、、、
パスタもアルデンテなんてこっちで食べた事ない。家で作ったほうがおいしい歯ごたえになりますよね!イギリス人のパスタ料理は要注意ですね~ わはは

えらいぃ!!その場で上手く取りつくろった3ぱいんとさんエライ!困ったでしょ~(苦笑)人数が少なかったしね。。その後のその方の料理はどうでしたか?くくくく。。でも想像できる。。。テーブルで固まってるんでしょ?ちょっと苦笑しちゃいます。

イギリス人も残すんだ・・・。

うちの夫は日本人みたいに何でもきれいに食べるので、遠慮せずにどんどん残すのはアメリカ人で、イギリス人はそんなことしない、とばかり思ってました・・・。夫は特殊??

>子供の頃、どんなに嫌いなものも

残さず食べないと、卓袱台から離れさせてもらえなかった私です。

=シトさん=
食べれなくても食べるのです、母を思い浮かべながら。
残さず食べないと物差しでたたかれます。

=ひろぴ~さん=
今日もお仕事、お疲れ様です。
私も口達者になりたいものです。
そうですね。
嫌われないように正露丸は糖衣にしておきます。

=nararaさん=
日本人だからでしょう。
結構残す人多いです。
残しても相手もそれほど気にしないようですが、つい、無理にでも食べてしまう私。

=uk_alienさん=
相手がたしなみ深いと思ってくれたか、いじきたないと思われたかは謎ですが。(笑

こういうそつのない会話の持っていき方、なかなか体得できません、英語でも、日本語でも。

ああ、それから、滅肥茶を買わずに、去年からある麦茶にします。(まだ大丈夫なはず…
砂糖は隠しておきます、勿論。

=leira-londonさん=
おコメ(日本米だったかな・・・?)のたんぱく質は複雑で消化されにくいため、腹持ちがよい。→お腹が空かない。→間食しない。。。という話を聞いたことがありますが…。

相手が無理して食べるより、分かりやすくていいじゃないですか。
好ましい相手には、次に招待するとき違ったものを出してみる、嫌いな相手には同じものを作る、そんないたずらもできますよ。(フフフ

そそ

そうそう、こっちの人って遠慮なしに残すから。
日本人って残すの悪いと思って一応は食べますよね。
旦那の一番下の妹がおかずだけでごはん食べないのに、ごはん残されて頭にきてた時があった。
(彼女は万年ダイエットしていると言って、かなり太っている。やせたところをみたことがない。)
旦那いわく、「遠慮とかそういうのないの、残したいから残している。」と。
手をつける前に、いらないならいらないって言ってくれたほうがもったいなくないんだけど・・・

二文化の縮図

3ぱいんとさん、さすが日本人。料理した相手の気持ちを推し量ってばきばきのパスタを口にするとは、なんとたしなみ深い。

一方、パスタのゆで加減には一切触れず和やかに会話を進めつつつ具しか食べない旦那様は生粋のイギリス人。

残すのは失礼だと思ってちゃんと平らげようとするのは日本人だからですかねぇ。それとも旦那様がすごいだけなのですか?!(笑)

さすがジェントルマンの国のだんな様(笑)
うまく相手の気分を損ねずに逃げる所は
心得てますよね。
でもご愁傷様でした(笑) 次からは正露丸持参で^^

hahaha!
具だけ食べている旦那さんナイス! 口の中でぱりぱりアルデンテさすがに食べれないでしょう・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentto.blog42.fc2.com/tb.php/60-216c49ec

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。