スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

英語を英語のまま理解する

10年ほど前通信教育申し込み好きの私は
アルクのヒアリングマラソンを受講した。
いや
受講と言うと語弊がある。
やはり
申し込みをした
と言う方が適切だろう。

ご存知のない方にこの講座の内容を一応説明すると
英語のネイティブスピーカーが喋っているテープと
その英文、日本語訳付きの本が一冊
それにテスト用のテープと問題が毎月届く。

これを毎日3時間

英語のシャワー

として
通勤時間などに一年間聴き続けることで

英語を英語のまま理解できるようになる

という夢のような教材である。

教材が届き喜んだのも束の間
気付いたことが一つ。

ヘッドフォンを使うと頭痛がする

そんなわけで
思いついたときにテープをかける
という程度で一年が過ぎ
全く得るものはなかった。

やはりまじめに一年間
毎日3時間聞き続けなければならないのだろう。

語学習得
そんなに甘くはなかった。

そして現在
日本語がほとんど話せないイギリス人の旦那を持ち
日本語を全く話せない客を相手に美容師として働く
という
まさに

英語のシャワー

どころか

英語のサウナ

状態の毎日を送っている私である。
もちろん私の英語力は飛躍的に伸びている。

ロンドンに足を踏み入れた当時とは比べ物にならない。

どんな英語力か?










聞いているフリをすること







そして







聞き流すこと











何故か?

理由は
特に何か問題があったときに何かを質問すると

イギリス人

もとい

ブリティシュ

いや

ヨーロピアン

というより

この国に暮らす人々

は説明が長い。
簡潔に要点をまとめて話せない。
いつまでたっても求めている返事が返ってこない。
気の短い私は聞いていて

飽きる。

というわけで私の耳は聞いているようで聞いていない

ただの飾り物

と化してしまうことがしばしば。

だから私の英語を聞き取る力はちっとも伸びない。







私の記事がいつもだらだらしているのは私がブリティシュ化しているためで
私の文章力のせいではない





はず。
朱に交われば紅くなるって言うじゃないですか。→
スポンサーサイト
 
 

コメント

>シトさん

ワキガに例えるとは・・・痛い目を見ていらっしゃると想像します。
お気の毒に。
ロンドンもですよ。
特に地下鉄。

>はなから聞いてない
さすがです。でも場のつかみ方が上手そうですね、シトさんは。

ドイツでも・・・

気づけば私もドイツ語の缶詰状態。 
ワキガの人が、となりのワキガの人に気づかないのと同じで、自分がドイツ語漬けになっているのも気づきませんでした。
確かに、
ドイツ語漬けになると
聞き流しているところもしばしば・・・

というよりはなから聞いていないのかも・・・

>真似をして長く話そうとすると

話している途中で私はわけが分からなくなってしまいます。

=likkleさん=
>しかもおちがない!
そこですかさずオチをつけるのは私です。
よくすべりますが。

国民性ですかねぇ。
イギリス人だけじゃないですが。
逆に長く話せないのが日本人の国民性なのでしょうか?

=KKさん=
いや、さすがに箇条書きはできるでしょう。(笑
以前イギリス人の書く生のレポートを読んだことがありますよ。
書いた子はまだ10代の子でしたから。

話し方の順番は違いますね。
おそらく私たちが合わせていかなければならないのでしょう。
面倒ですが。

=ひろぴ~さん=
詳細がかなり付け加えられますよね。
ロシア、トルコの人たちは私の知る限り、もっと凄いですよ。
止めておいた方が・・・。(笑

=leira-londonさん=
確かに喋ってくれる人は楽ですね。
妙な間ができにくいですから。

>「あなた何を言ってるかわかる?」
いますね、そういう方。
私は大抵、I suposse I do. Well, at least I can hear you. と答えます。
この皮肉、通じるヒトには即効性がありますよ。

=uk_alienさん=
>30分を超えたら屍と化します。
状況が目に浮かびます。
これでもか、これでもかと、まるで攻撃を仕掛けるように話す人。

>「つまんね~話をくどくど話してんじゃね~よ」というのを友好的に~
友好的に言っても効き目はないですよ、きっと。
10秒後には喋りだす。
直接的に言えばそのことをほかで尾ひれ背びれをつけて喋り捲る。
彼等にとってこれは正に
WIN-WIN SITUATION.

だらっだらっ、だらっだらっ、事の詳細全てを話してきますよね。

楽といえば楽です。「DIYはどこまで進んだの?」といえば10分。「ご主人の具合はどう?」ときけば更に10分。おっしゃるように、「ふんふん」「へ~」「え~、しんじらんな~い」「すご~い」くらいのボキャブラリーで優に30分はいけますからね。でも30分を超えたら私はもう屍と化します。

どなたか「つまんね~話をくどくど話してんじゃね~よ」というのを友好的に伝えられる術をご存知の方いらっしゃいませんかね。

話好きですよね。

義理のお母さんと義理の妹たちがいるとこちらは聞いているだけです。楽ですわ。
「あなた何を言ってるかわかる?」っていちいち聞かれるのにはうんざりだけど。
わかってないと思ってるのかしら?ばかにしてる?それとも?

確かにイギリスっぽい人が話すドラマなんか見てたら
ペラペラ要点以外のことを話したがる感じですもんね。
私は箇条書きもペラペラもどっちも好きなので、
間を取ってロシアかトルコぐらいに移住が
ちょうどいいのかしらん(^.^)

箇条書きできないそうですよ。

イギリス人って、箇条書き出来ないそうです。

私も夫に
「で、結論は?」とか、
「結論を先に言って、詳しい説明を次にするっていうのが話の仕方の基本!」

とか言うと、

「そないなビジネスライクな・・・話をするのが好きなんだから。」

と泣きつかれます。

要するに、一杯話したいみたいです。

爆笑 

確かにそうかも!!うちの彼も彼の家族も話が長い!!しかもおちがない!!思わず「で、何?」って言いたくなる。
話が脱線する事もしばしばだし。
これは国民性なんですかね??

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obentto.blog42.fc2.com/tb.php/71-080fa36f

生協の白石さん

人の心がすさんで来ているように感じる今の時代に、白石さんの存在と、白石さんを暖かく見守るファンの方々の存在を知ると、まだまだ日本は捨てたもんじゃない!と思えます。電車の中で読みましたが、一人でニヤニヤしたり、笑いをこらえたり、そういう意味では、ちょっと辛

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。