スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

うとうとと

近頃なぜか睡魔が午後8時頃やってくる。
9時になるともう目を開けていられない。

これまでずっと大抵夜ベッドに入るのが12時過ぎ
それでも寝つきが悪いので
夜中の早くて1時頃に眠りに落ちていたのが
どうもここのところおかしい。

別に悪くは無い。
朝これまで7時にいやいやながら起きていたのが
今は5時にパッチリ目が覚める。

気分爽快
早起きは三文の・・・
というけれど
得をしてはいない。
ただ得をしたような気分にはなれる。

しかし
夜こうも眠いと
ぼぉっとしている夜の時間は損をしている感じがする。
しかも今は夏。
イギリスの9時などまだまだ明るい。
日が出ている内に布団に向かうのはちょっと罪悪感すら感じる。
それでも眠いのだ。
今日ももう眠ってしまおうと思う。
下手に動くとまたひざ小僧にあざが増えるので。

ところでこれやってみてください。
昨日やってみたら
今日は(気のせいかもしれないけれど)お肌の調子がよいです。
ただ、昨日も今日のように夜の早い時間から眠かったのですが
これをやったら明け方4時ごろまで眠れませんでした。(あ、今日は睡眠不足だから眠いんだ!)
この記事には寝る前にやるとぐっすり眠れると書いてあるんですが・・・。
まあ、睡眠不足なのに肌の調子がよいというのはすばらしいことです、特に30代の私にとっては。

ちなみに私は便秘症ではありません。

…最終的にはまたお手洗いネタになってしまった。
 
 

ジューンブライド?

先週結婚式に呼ばれていってきた。
私たちが結婚してから初めての経験である。
場所はリッチモンド。

名前のとおり高級住宅街。
町並みも
道行く人も
私たちの住むサウスイーストとは全く違い
どこかこう、品がある。

当日はお天気にも恵まれ、
汗ばむほどの陽気。

この日のジューンブライドは
お日様からも幸せを約束されたようだ。

ただ、私たちの出席したこの結婚式の唯一の問題は
 
 

秘密の花園

ここのところブログを怠りがちである。
理由は
ここのところ続く
気持ちのよいお天気。
仕事の後には

毎日庭に出て

グラスワインを片手に日光浴

と言いたいところだが
実際には庭弄りをしている。
そう、
イギリスといえばガーデニング。
ここのところこれにはまっている。
こんな感じのガーデン強制協力uk_alienさん

だったら庭弄りもまた楽し。
これぞ憧れのイングリッシュガーデン。
しかし実際私のやっているのは

ゴミ拾い。
 
 

ゆめうつつ

あと5分・・・。
朝の目覚めはいつもこう思う。

休みの日は特にそうである。

休みの前日はいつも

朝起きて
家事一切を午前中に終わらせて
お昼を食べて
服でも買いに出かけよう。

そう思う。
しかし現実は

朝起きて
弁当作ってベッドに戻り
再び目覚めると昼近く。
シャワーを浴びて
家事をだらだらやって
気が付くと夕方に。

今日はこれに輪をかけるひどさ。

朝目覚ましを止めて
もうちょっと
と思いながらうとうとしていると
旦那の

行ってきま~す。

の声が遠くで聞こえ、

い・・って・・ら・・しゃ・・・い・・

そのまま夢の中へ。


しばらくして
電話が鳴り目が覚める。

旦那だった・・・。

起きてた?

う・・・ううん・・・今起きた・・・。

ははは。そうだと思った。おはよ~。

おはよ・・・。
起こしてくれてありがと。
あとでね。


時計を見ると午後一時。

午後一時!?

12時間も寝たことになる・・・。
寝すぎで頭が痛い。





今度の休みこそは、早起きしよう。


むりっぽいかな。



やっぱり禁煙した方がいいかな。
そう思う今日この頃。
そう思いつつまた一本。

ぼ~っとしている頭は更にくらくらぼ~っとする。



ランキングと記事、つながりあるんですか?
いや、まだ夢の中ということで。→
 
 

時代

小さい頃から大きな子供だった私。
小学校入学当時126cm
中学入学時には156cm
毎年コンスタントに5cmずつ身長は伸びていった。

現在は167cm程度。
この身長は高校卒業時から変わっていない(はず。
そう、もう10年以上同じ身長。
大人になって、体の成長は止まった。
考え方も、それほど自分では変わった様には思えない。
なんとなく



という時代を10年以上続けているような感覚だった。
先日の旦那の叔父の誕生日パーティーに出席するまでは。
 
 

理想の夫婦像

私の可愛い女房ぶり

先に起きて
シャワーを浴びて
化粧をして
フリフリのレースのエプロンをつけて
朝ごはんを作って

あなた~朝よ~起きて♡





である。


現実には
 
 

夢と現実

先日のセンターでのお買い物帰りに私は
バスを待っていた。
お天気のよい日
道行く人は皆にこやか。
そんな中
ひときわ目立つ背の高い女の子が
遠くから歩いてきた。

広めの歩道を

左右に目いっぱい蛇行

して

手のひらを広げ

両腕をふた昔前のアイドル
例えば聖子ちゃんのように前後にゆるやかに動かしながら

お尻をフリフリ

こちらに向かって歩いてくる。
 
 

日本語力と英語力

あわてて仕上げた翻訳講座の添削問題。
一応問題を解く前に

テキストを勉強して

嘘です

テキストをただ読んで

それから解いた。
次の講座の教材も届いた。
しかしこの講座が始まるのは今月の15日。
間が開いたので
復習を兼ねて返ってきた添削を見直すことにした。
 
 

うれしたのしいe-baying

ウチの旦那は通販好きである。
パソコンのパーツも
趣味で集めているナイフも

はたまた服でさえも
まずパソコンに向かって探す。

そして購入。
それもたいていe-bay(日本で言うヤフオク)である。

基本的に私はインターネットオークションというものを訝しんでいる。
まずは手にとって見てみたい。
特に服のセカンドハンドはどんなものかと思う。
レディースはともかく、メンズの服はここではマーケットでも大抵数段に質が悪い。
言い方を変えれば、かなり着崩れしているものばかりである。

しかし彼は
絶対こっちの方がお買い得だよ。
そう言い張る。

パソコンのパーツは私にはさっぱり分からないので
文句の言いようがない。

趣味で集めているナイフは
その趣味自体が無意味としか私には思えない。
ガラクタである。
アフリカのナイフ
日本の薙刀
どちらも買ってみれば安物のイミテーション。
こんなんじゃ
人参だって切れない。

それでも彼の身銭を切っての無駄遣いは
ちょっと小馬鹿にして済ませる。

そう、問題は服である。
 
 

そこのけそこのけ私が歩く。

大股開きでかなり速い速度で歩く私にとって
渋谷を歩くのはだるい。
人々の歩調がまちまちだからだ。
全体的にはゆっくりめ
その中を無理に押しのけてゆく人達。

前者に合わせると体が疲れ
後者に合わせると気が疲れる。

そんな私は新宿を愛する。
なんとなく全体の歩調が私にあっている。
私のとっとと歩きたいところではみんなテクテク
ゆっくり行きたい場所ではみんなだらだら。

最後に新宿の街を歩いたのはもう3年近く前。
今ではすっかり変わっているかもしれないが。

そしてここロンドンでは
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。